素材はみかんだけ。和歌山有田から”ぴゅあ”な美味しさお届けします。

伊藤農園について

大切にしているのは、和歌山県で育った果実 そのままの味と香りをお届けすること。
当農園ではもぎたての美味しさをそこなわないよう、
果実を半分に切り上からお碗でやさしく押してジュースを作っています。
化学添加物を一切使用せずに“しぼっただけ”“しぼったまま”だから、美味しさはみかんそのまま。
毎日安心して飲んでいただける、まっすぐなジュースです。

伊藤農園は明治の中頃に創業。みかんと共に歩んできました。
先々代は、みかんの船の船長でした。屋号 は「船林」といい、
「船屋の林べぇ」と呼ばれ親しまれていました。
みかん問屋になったのはその後のことです。
そして現在は問屋だけでなく、契約農家と共にこだわりのみかんや柑橘類を作り、
また、その 加工品作りにも力を入れています。

安全で美味しいジュースをたくさんの人に飲んでもらいたい…という思いから
添加物を一切使用しない、やさしくてまっすぐなジュース作りをはじめて30年あまりが経ちます。
果実の美味しさ、風味をそのままお届けするための手間隙は惜しみません。
果実を半分に切り、ひとつひとつ丁寧に手しぼりする作業は昔からかわることのない製法です。
そんな自慢のジュース「100%ピュアジュース」をはじめ、伊藤農園のジュレやマーマレード、
ジャムなど全ての商品は愛情をたっぷりこめて作り上げたぴゅあ≠ネ美味しさに溢れています。
伝統をまもりつつ、新しいこと、お客様にもっと喜んでいただけるも のに目を向け、
多くの企業様とお客様に信頼いただける企業であり続けたいと願っています。

ジュースは果汁だけ。
果実の皮や袋の苦味、アクが入らないように開発した独自の搾り機でしぼっています。
贅沢に美味しいところだけをしぼるので、みかん約30個(温州みかんの場合)も使用し、
750mlのジュースが1本できあがります。